スポンサード

急遽の出費には借入れを

私は学生の頃からバンドを組んでいて今も趣味で活動しています。ギターを担当していますが、テクニックがあがってくると自然ともっと高くて良いギターが欲しいと思うようになりました。弘法筆を選ばずという言葉もありますが、楽器はやはり値段と音は比例する物だと思います。

 

そうはいってもなかなか生活だけで精一杯なので、贅沢は言えずもう何年も新しいギターを買っていなかったのですが忙しさにかまけてお手入れをしていなかったというのもあってヘッドの糸巻の部分がだいぶサビてきてしまいました。

 

正直今月は金欠なので大きな出費は痛いところですがせっかく買いなおすなら良いものが欲しいんですよね。でも趣味のものなので、親にお金を借りるというのも言い出しにくくてちょっと困った状況です。

 

こうなったらローンで借入れをしようかと思います。昔一度利用したことがありますが、返済の時期さえ決めていれば想像よりも楽に返すことができた覚えがあります。ボーナスが入れば少々の金額はすぐに返せそうですしね!

 

最近は特に審査が早くてすぐに借入れできるので助かります。

低金利でお金を借りられる時代

テレビのCM中は何をしていますか?そのままCMを見続ける人、他のチャンネルに周す人、トイレに行く人など様々だと思います。

 

私はけっこうCMが好きなので見続けるタイプですね。15秒や30秒の間にいろんなドラマがあって面白いなーと思います。CMによって旬なタレントさんがわかりますよね。当たり前ですが化粧品にはキレイな女優さんばかり。

 

見ていて癒されるし、やはりキレイな方が出ているとその商品を買いたくなってしまいます。それから最近気が付いたのですが、金融系のCMもキレイな女性が出ていることが多いですよね。

 

若くて元気な女性タレントが笑顔で説明しているCMをよく見かけます。
あれは誰をターゲットにしているのでしょうね。やはり男性でしょうか?

 

金融系にかかわらず保険の広告でも若い女性がモデルをしていることが多いです。
でもたしかに、男性がやるよりも明るい女性が出ていたほうが安心して利用できるイメージがあります。

 

気になっていろんな金融機関のサイトを見てみました。

 

今までローンのことには興味がなかったのですが、
企業によって低金利ローンであったり返済日が様々で面白いです。

 

正規雇用で働いている人しか借りれないと思っていたのですが、今では主婦やフリーターでもお金を借りられるんですね。

借入れで事業の金欠をカバー

学生時代の先輩が、最近5年ほどつとめていた会社を辞めて一念発起でバーのお店を出すことになりました。知り合いがやっていたカフェの場所を
そのまま前金無しで譲ってもらえるという好条件だったそうです。

 

とはいえ毎月の家賃はかかりますしカフェをバーに変えるので改装費もかかったと言っていました。オープンパーティーに呼んでもらったので楽しみにしながら行ってみるととても雰囲気のあるいいお店に、綺麗に改装されていました。

 

かなりお金がかかっているように思ったので冗談まじりに「だいぶ貯金してたんですね〜」と言うと最初だからと気合を入れて予算よりも改装にお金をつぎこんだらしくオープンから何か月かで軌道に乗らないと実はかなり厳しいかも知れないのだそう。

 

それにお店が忙しくなってスタッフを雇うとなるとまたお金がかかるので、後々のことを考えると
今のうちにどこかで借入れしておいたほうがいいのかも…と悩んでいました。

 

お店の運営よりも、生活にかかるお金も切り詰めている状況だというので
一度生活費だけでも借入れしてみたらどうか、という話で終わりました。

 

なんとかお店の事業が軌道に乗るように…と、私も応援しています。