安易なローン契約は多重債務の第一歩です

最近の若い世代の人達は車に関して以前ほど興味を持たないようです。一昔前は、給料の大半を車につぎ込む若者がいたものです。
その様な人は自分の収入で購入できる以上の高価な車を欲しがります。所謂新車でなくては我慢出来ないのです。
当然現金では購入出来ませんから自動車ローンを組むことになります。

 

自動車ローンは銀行などの金融機関やカード会社などががマイカーローンとして扱っています。
借入限度額は約1000万円、返済期間は10年と長期に渡り、金利は安い所で3%〜4%、高い所ですと17%程にもなります。
分割払いですから返済の負担が軽く感じるのですが利息が付いていますから返済計画をしっかり立てて自動車ローンを利用しなければなりません。
ローン審査が通らなければローン契約は成立しません。

 

その人の年収、勤務先、勤続年数などがローン審査のポイントになります。自己破産者や金融機関のブラックリストに載っていては間違いなく通りません。
自動車ローンの返済のために別のローンを契約することは絶対にしてはいけません。多重債務でどうしようもなくなります。

 

ローン地獄は車に限ったことではありません。
月払いであれば金額は小さくなりますが二つ、三つと重なれば返済が大変になってきます。
自分の収入を考えて無理のない返済が出来る範囲でのローン契約をすることがとても重要です。

マンガで分かる!カードローン