限度額はいくらにすべき?

私は25歳の頃、洋服や靴などを集めることに嵌ってしまい、消費者金融で20万円ほど借りていました。
限度は20万円にしていたため、限界の20万円まで借りて、ちょっと返してはまた借りて、を繰り返していました。

 

ある日、携帯電話に見慣れぬ番号から着信があり、怪訝に思いながらも出てみると、借金をしていた消費者金融から限度額を増やさないか、という内容の電話でした。
特に限度を上げる気は無かったので、上げる気はないです。と何度も断っていたのですが、その度に 何で上げないんですか、上げても使わなければいいだけでしょう!とまくしたてられました。

 

だんだん腹が立ってきたので、じゃあ勝手に上げればいいじゃないですか!と言い放っていました。
結局20万から50万まで限度額を上げてしまいました。

 

あとは、早かったですね。20も50も変わらないだろうと、あっという間に50万まで使い切りました。
今思えば、半ギレで限度を上げると伝えたのに、とてもさわやかな声で「ありがとうございます。」と言われたときに気づくべきでした。

 

たぶん、ほとんどの人が限度いっぱいまで使うのを知っているのでしょうね。
限度は必要最低限、できればあまり利用しないことをお勧めします。

マンガで分かる!カードローン