銀行系ローンはなぜ金利手数料が安いのか

お金を借りるなら銀行系が一番だと思います。金利でいえば直接出資してくれる銀行で借りるのが一番安いのですが、やはり銀行は審査が厳しいですね。
最近よく聞くようになった銀行系という言葉ですが、以前はこのような言い方はしませんでした。
というのも以前までは消費者金融は独立したローン業者であり銀行とは無関係だったからです。

 

しかし現在の日本は不況真っただ中。バブルがはじけ消費者金融は単体で営業していくことが難しくなってしまいました。
数多くのローン業者が倒産する中、生き残った消費者金融は銀行と経営統合した業者だったのです。

 

今ではこれらの銀行系ローン業者は大手へと成長し利用者がとても多いですね。何より銀行系ローンのメリットは金利手数料が安いのに審査が通りやすいということです。
銀行と経営統合したことで低金利で資金調達ができるようになり、その低くなった金利のぶん利用者の金利を安くすることができるのです。

 

また銀行系のローンの場合は学生やパートでも借りられる場合が多く、そこが銀行とは違うところですね。
銀行はきちんとした職に就いておりなおかつその仕事を始めて数年以上、などの審査が厳しいところもあります。
金利が低く借りやすい、そして返しやすい銀行系ローンは私たちの味方なのです。

マンガで分かる!カードローン