銀行と銀行系ローンの使い分け

お金が足りなくなった時に便利なのがローンです。私も何度か利用していますが、ローンはうまく使い分けないとのちのち返済が大変になってしまいます。
私が利用しているのは銀行と銀行系。単体の消費者金融では今までお金を借りたことはありません。
銀行と銀行系で徹底的に違うのは審査の通りやすさですね。特に事故などがなく定職に就いていて、勤務年数が長い方なら問題なく審査が通ると思います。

 

ただ銀行の場合は手続きに時間がかかるので、お金が早急に必要という場合には向いていません。
たとえば大きなお金が必要で、多少余裕があるという場合は銀行を利用した方がいいでしょう。銀行と銀行系では金利が変わってくるので、大きい金額を銀行系で借りると返済の時に負担が大きくなります。

 

反対に急な出費や引越しなど、急いでお金が必要な場合には銀行系をおすすめします。銀行系のローンはネットで簡単に手続きでき、また審査も銀行と比べると圧倒的に通りやすいです。
定職に就いていないフリーターや主婦でも借りることができますし、最近では学生ローンやレディースローンなどもありますね。
銀行系は金利が若干高くなりますが、すぐに返済できるという場合には負担はあまりありません。銀行と銀行系ローンを上手に使い分けましょう。

マンガで分かる!カードローン