消費者金融と銀行系の金利の違い

マンガ喫茶は一度行くとハマりますね。
ドリンク飲み放題ですし、最近ではソフトクリーム食べ放題のところもあるんですよ。しかも美味しい。
ソフトクリーム大好きなので行くといつも5回はおかわりしています(笑)
電気代節約のため家ではなるべくエアコンを点けないので、マンガ読み放題パソコンし放題、ドリンクまで飲み放題のマンガ喫茶は天国のようです。

 

この間は久々にサラリーマン金太郎を読み返しました。
マンガよりドラマのイメージが強いのですが、原作の方が面白いですね。
ところでこのマンガ、サラ金という呼称で親しまれていましたが私はこの呼び方が好きではありません。
サラ金と聞くとどうしてもお金を貸す方のサラ金をイメージしてしまって。サラ太とかマン金とか他に呼び方があったのでは?
でも一番しっくりくるのはやっぱりサラ金ですかね。

 

そもそも金融系がどうしてサラ金と呼ばれるようになったかというと、1970年代にサラリーマンを対象に貸付を行っていた業者が多かったからだそうです。
ただその時代は同時に高金利や取り立てなどが問題になり、サラ金はあまり良いイメージでは使われなくなりました。
今では消費者金融と呼ばれることが多いですよね。審査が緩いのは魅力ですが、やはり銀行系ローンと比べると金利は非常に高いです。
安心して借りるなら審査が厳しくても銀行の方がよさそうですね。

マンガで分かる!カードローン