強引な勧誘には要注意

自分のお肌のトラブルを治したい、鏡を見るたびにシワやたるみが気になる、だけどエステサロンに行くのには勇気がいると言う人は多いのでは無いでしょうか。

 

エステサロンって、ものすごく高い金額を請求されるんじゃないか、とかちょっとお試して行っただけなのにしつこく勧誘されて結局返してくれなかったと言う話も聞きますよね。

 

最近では随分と良心的なエステサロンが増えてきたこともあり、昔ほどセールスや勧誘は少なくなってきたように思います。

 

お店のモットーとして掲げる内容に強引な勧誘をしないと謳っているところも実際にあるようですね。

 

しつこく勧誘されたり複数のスタッフで色々なコースを囲まれながら勧められたら誰でもその場で契約をしてしまいそうになりますよね。

 

その場から逃れたいがためにしたくもない契約をしてしまったり、高い化粧品を買わされてしまったりすることもあるかと思います。

 

またお金が無いと言えばローンを組むように薦められたりすることもあります。
当然エステサロンも商売ですので、ある程度、勧誘されることは仕方が無いことだと思います。

 

しかし、そこで負けてはいけません。

 

例え、どんなに強引に勧誘されようとそのコースを契約しないと決めていたら絶対にサイン、捺印はしてはいけません。
確かに2〜3時間拘束されて、と言う内容の話も良く聞きますが、そこで負けるのはダメです。
負けてしまったらどうしようもありません。

 

契約を全くしなさそうとか、どんなに勧誘しても首を縦に振らないと分かった客を長い時間引きとめておくスタッフも少ないでしょう。

 

少しでも迷いがあるなら別ですが、そのコースに契約しようかどうか迷っているのであれば辞めておいた方が良いですね。

マンガで分かる!カードローン