ローンの返済期間と金利

ローンには金利がつきものであり、ローンの返済期間が長ければ長いほど金利が高くなり、逆に返済期間が短いと金利が安くなります。
ローンの返済の際に返済期間を長くしても、短くしてもメリットデメリットは両方に存在します。
返済期間が短い場合のメリットとしては、金利が安くなりますしさっさとローンとは縁が切れます。
デメリットは、返済期間が短ければ短いほど、一度の返済期間の金額が多くなります。

 

そもそも一括払いよりもローン返済を選択している時点で利用者は収入が少ないと思われ、短期間での多額の返済は重圧になります。
返済額が多いとはいっても、そのほとんどは元金ですので長期間で返済するよりかは金利が安いのです。
リボ払い方法を採用しているローン会社も多くありますが、リボ払いは毎月少額の一定の金額だけを返済するのでまるで水道代でも引かれているような感覚になり、ローン返済をしているという重さが無くなります。

 

しかし、毎月少額での返済ということは、当然ながらも返済期間が長く、少額の返済の内の半分が金利、半分が元金返済、という事態になっている場合も多くあります。
お金を借りる時にしっかりと金利や返済期間について計算をしておかなければ、多額の金利を支払い、永遠にローンと付き合ってくはめにもなってしまったりします。
ローンは利用の仕方によってはとても便利ですが、利用方法を間違えてしまうと大変なことになります。

マンガで分かる!カードローン